ギターが弾けないギタリスト

ギターが弾けないギタリスト・Kaoruです! このブログは自分の好きな音楽のことに加えて、人生のヒントになるような記事も書いています!詳しくは「自己紹介」をチェック!

【Masatoの愛犬に向けた曲】coldrain新曲「JANUARY 1ST」

f:id:tttr10969:20190811202855j:plain

先日coldrainの新曲が公開されました!

まずは見てください!!!! 

突然のMV公開予告が来て、ワクワクしてたのですが、気になっていたことが。

それはMasatoの言葉。

 

「MVを撮るタイプの曲ではないけど」

 

ってことはいつもの激しいやつじゃなくて、バラード系なのかなと思っていました。

そしたらまさかの的中!

そして見てみると、これは誰に向けた曲なんだろうと誰もがまず思ったと思います。

そしてタイトルを見たときに、泣けた。。

これはMasatoの愛犬くうちゃんに向けて書かれた曲でしたね!

その時のインスタがこちら。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

新年は楽しく迎えたものの、 元旦夕方から現実を受け入れられない時間を過ごしています。 家族を突然失いました。 たしかに持病はあったけどこれからは元気なおばあちゃん犬として何年も生きてくれると思ってたし、それくらい普段元気でした。 もう全く苦しんでいないなら良かったのかもとか、もっと出来ることがあったんじゃないか?とか、いろいろ考えがまとまらない日が続いています。 受け入れられていないことが何よりも強い、でも悪いこと事考えても帰ってくるわけないのも分かってるので、ここではただの自慢をさせてください。 俺は何年もこんなに可愛くて、人懐っこくて、 最高な家族がいました。自慢です。 会った人はみんな必ず好きになってたと思うし、こんなやつが毎日家にいるなんてずるいって思ったと思う。 可愛すぎる小さな癖や思い出を書きだしては泣いて消しちゃうのが続いているのでそれもまたいつか自慢させてください。 くうちゃん会いたいよ。 愛してる。 ありがとう。

Masato David Hayakawaさん(@masato_coldrain)がシェアした投稿 -

これ結構衝撃的でしたよね。

新年のスタートで、誰もがウキウキしてた時ですよ。。。

こんな可愛い愛犬が。

いなくなってしまうだなんて。 

そしてMasatoのこの言葉。

 

「可愛すぎる小さな癖や思い出を書き出してはないて消しちゃうのが続いてる」

 

想像しただけで、辛さが伝わってきますね。

 

そしてMasatoはこの歌を書いた理由も、歌詞で述べています。

it’s been a month I’ve been doing good

一ヶ月が経って僕は何とか元気にやってるよ

I wrote this song thinking of you

君の事を考えながらこの唄を書いた

I hope it helps someone like me someday get through

いつかこの曲が誰かのためになるといいな

losing somebody like you

大切な存在を失った誰かのために